ベッド用手すりを作る

ベッド用の手すりを探してみたけどなかなか良さそうなのが見つからなかったから作ってみました。

手すりのところにはイレクターを使いました。
イレクターの芯材はスチールなのでこれくらいの長さなら十分な強度があります。久しぶりにクルクルしましたよ。

イレクターを保持するところは3Dプリンターでプリント。

ねじ止めするところには一工夫。

そのまま皿ねじを締めこむと確実に割れます。3Dプリントの宿命ですね。
割れにくい積層方向でプリントしたパーツを間に挟んでやります。

このままベッド下に差し込むだけだとグラグラして危険なので、ベッドの横板の高さに合わせた部品をプリントしてズレを防ぎます。

この溝のところにベッドの横板がハマるかたちです。

完成したけど『これ邪魔やわっ』て言われたらどうしよ。。^^;


コメント

タイトルとURLをコピーしました